これまたのんびりとやっていた希望の園 エデン:再生編。バトル自体は先日クリアしたところでログアウトしていたので、クエストの最後が未プレイでした。それをようやくクリア。かなりのんびりペースですね。

今回の再生編のストーリーは、2つのつながりの薄い世界をまたぐメインストーリーの都合で、パッチ5.3メインクエストのクリアが条件になっているなど、やや特殊な状態にありました。そのために登場人物が絞られている関係もあって、ややこじんまりとしたスケールになっていますが、そのぶんだけ、少ない登場人物を深く掘り下げるような内容になっています。

思えば、漆黒のヴィランズのストーリーも、紅蓮に比べてメインどころの登場人物は少なめでしたね。そのぶん深堀りできたから、たくさんの人達が、多くの「沼」にハマったんでしょうね。

今回はリーンとガイア、孤独を抱えるふたりの物語ですが、ふたりの絆の深さをいまいち感じられなくて、共感の深さは今ひとつでした。かわいい話ではあるし、友情のようなものがあることは見えるんですが、なんか共感できず…。ガイアの生い立ちの部分の話は好きでしたが、あれを、もう少しうまく機能させていたらもっと良かったかもしれませんね。

レイドのストーリーだけで見ると、個人的には次元の狭間オメガのほうが好きでした。

これでパッチ5.xシリーズのレイドは終了。次はどんな内容が来るんでしょうね。

そんな新情報発表会は、来週2月6日(土)10時30分ごろから。午後じゃないですよ、午前ですからね! ←自分に言ってる

そしてそのあと15時ごろから、パッチ5.5コンテンツ特集Part.1のプロデューサーレターLIVE。番組後半ではリードプロジェクトマネージャーの松澤 祥一さんをゲストに、スペシャルトークセッションがあるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.