エッグハント2020のフェイズ1が始まりました。最近はひとつのイベントを手軽かつ長く楽しめるようにするためか、フェイズが前半と後半に別れているものが多くなってきていますが、今回も例に漏れず前後半仕立て。その前半が3月30日にスタートしました。

フェイズ1は、クエストを受注してF.A.T.E.をクリアすることで、報酬として防具をゲットする仕組み。また、シーズナルショップではF.A.T.E.自体の報酬でその他のアイテムを交換することができます。

クエストを受注するためにグリダニアに飛んでみると、エーテライトプラザのまわりに人がいっぱい。イベント当日なので多くて当たり前なんですが、今回はそれにしても多い。ミィ・ケット野外音楽堂もバリバリの表示制限状態で、かなり近づいてようやくNPCが表示されるような状況でした。

そんななか、F.A.T.E.するわけで…ガルヴァンス監視哨の周辺は人だかり…いや、“ウサだかり”ができていました。今回のフェイトはウサギの姿に変身して行うもの。事前にNPCに話しかけて変身しておき、F.A.T.E.の発生を待ちます。

ウサだかり状態のガルヴァンス監視哨

いざ始まってみると、“ウサだかり”による表示限界ででターゲットが見えません。しかもF.A.T.E.自体もわりとスピーディな展開。最初の一回はほとんどうろちょろしていただけで未完のまま終わってしまいました。一度失敗したので、2回目はヤマを張って場所を決めて待機。2度目のチャレンジでクリアすることができました。

シーズナルショップで交換したいアイテムがいろいろある人は、人気が少し落ち着いててからやったほうが効率いいかもですね。

さて、クエスト事態は問題なくクリア。小粒ながらなかなか楽しいクエストでした。最近のクエストは肩の力が抜けていておもしろいですね。

こんな表示要するパターンもあります

さて、かんじんの報酬です。

折れ耳でマフ付き、歯が見える

今回は2部位構成。頭防具のラビットヘッドと同防具のラビットスーツ。いわゆる、2部位装備すると手・脚・足の装備部位は剥がされるタイプです。

後ろ姿、しっぽは丸い

きぐるみらしく、縫い目や綿の詰め物のふっくらした感じが良くできています。また光のアタリ方によって、表面のモフモフテクスチャーのも細かい毛足を感じることができます。

意外とぽっこりと飛び出しているしっぽ

染色も可能で、グレーの部分に色が付きます。

表面に光があたったときのテクスチャの反射具合が絶妙

今回のイベントのビジュアルを見て疑問だったのは、「歯」の部分。スクリーンショットやイラストを見ると、歯が出ているものと出ていないものがありました。最初は別アイテムなのかと思いましたが、今回の報酬に頭装備はひとつだけ。まさかなぁと思ったんですが、やはり歯はバイザー扱いでした。

バイザーあり状態、歯がある
バイザーオフ状態、歯が隠れる

F.A.T.E.がかなり混んでいたため、まだウサギのぬいぐるみエッグハントのポスターは未入手。ちょっと落ち着いたらゲットしに行こうかと思っています。

まだフェイズ2もありますしね。いまのところもうひとつの報酬であるラビットカフススーツが入手できないので、おそらくこちらはフェイズ2の報酬なのでしょうね。首元にリボンがあるのがいい、こちらもぜひ入手しなくては。

手はミトンタイプ
御御足、本物のウサに肉球はないけど、こっちはどうでしょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.