希望の園エデン 覚醒編零式 4層は、初見で前半のギミックを一通り見て、もう少しで後半というところまで到達してました。大抵死んでいましたが…。

2度目は初見の友人をひとり誘っていたので、もう一度初見パーティを募集。2度目の初見です。友人には申し訳ないけど、こちらは2度目。ごめんね、なんか出来る人みたいで…次なんだっけ? って、死んだ!

油断もスキもないのが今回のタイタン。ある意味初見で良かった。しかし、さすがに初見とはいえ2度目なので、ウォーミングアップは早かった。だんだんと死ななくなります。程なくして後半に突入しました。

正直巨大化後はほとんど予習してなかったんです。マクロは後半分も用意自分がしていたんですが、動画でちょっと見ただけ。当然ギミックがこなせるはずもない。それでもしばらく練習して、リフトアップ1回目まだ何とか理解して終了。そのパーティは解散。

しばらくして、後半2回目リフトアップ練習に入ってみたところ、“レンジLBボスターゲット式”というパーティでした。最初「ポスター ゲット式」に見えたのは内緒です。そりゃググっても出てこないわけだ。

このボスターゲット法、レンジがLB撃つのは変わりませんが、ジェイルを作る位置に特徴があり、ちょっと特殊な散開方法です。

南側のH2は、南外側のマスの中央寄りにジェイルを作ります。前半で岩とすポジションです。北側のH1は4つのマスのうち北側中央寄りのマスの内側ギリギリにジェイルを作ります。

レンジはH2のジェイルに寄り添うように位置取り、ボスをターゲットしたままLBを撃ちます。すると外側のH2ジェイルと北のH1ジェイルを引っ掛けるようなカタチでLBがヒット。残ったジェイルのHPはタンクが削ると言うもの。図にすると下記のように感じ。

レンジはボスをターゲットしたまま殴り続け、ジェイルが出来たらそのままLBを撃つ。

レンジ的には、ボスからターゲットを切り替える必要がないため非常にラク。普通レンジLBの場合は、H1のジェイルにターゲット切り替える必要があるため、ボスを殴れない時間が数秒出来てしまいますが、この方法ならタゲはずっとタイタンのままなので、多少なりとも削りの面で有利かもしれません。ちゃんと理解していればそんなに難しくないと感じました。

ただ、その後数回練習パーティに入りましたが、この方法に出会うことはありませんでした。一度定着した方法があると、非効率でも安定するほうが定着する傾向にありますので、なかなか難しいのかもしれませんね。

ちなみに、クリアはまだです。それどころか今週はどうやら3層難民のようです…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.