以前詩人の腰装備を新式にしようと考えて、新式を用意してマテリアはめようと思ったらできませんでした。詩人には珍しい「甲冑」の腰装備でした。正直革だと思ってた…。勝手なイメージですが、詩人と甲冑はあまり関連がないイメージ。油断してました。

そういう事情で上げ始めた甲冑は昨日ようやくレベル80に到達し、秘伝書もゲットしました。んで、いよいよ禁断か…となると少々気が重く、まだ着手しておりません。

来週には幻想が1000貯まり、武器が手に入ります。右側装備は片方の指輪と腕輪を残し470装備が揃いました。いま脚が幻想脚、頭胴足はすでに新式5禁なので、イジるとすれば手腰なんですが、手は新式のステが微妙。やっぱ腰かぁ。パリンパリンするかなぁ。ちょっと今更感はあるんですけどね…。

続いて上げ始めたのは錬金。フレさんから頂いたりしてだいぶラクさせてもらったけど、薬を作れるようにならないとなぁ。

ちなみに裁縫・革・彫金・甲冑は、ほとんどギルドリーヴの大口依頼とグラカン納品だけで上げました。これらは現物をマケで買うと一個5万近くするので、さすがに自作していました。鬼師装備で普通にHQが作れるので特に苦労はありませんでした。

レベル80に上がったクラフター4クラスは、裁縫なら園芸、革は雑魚討伐、彫金や甲冑は採掘と、必要素材がはっきり別れていることが多く、自分で素材を用意するのも容易でした。一方、錬金・調理は必要素材の種類が多くなりがちで、カバンがすぐ一杯になるのがつらい。納品物を切り替えるときに少しだけ素材が残ってしまったりすると、カバンを開けるためにあまり素材を売って、カバンを空けないといけません。さらに、素材の入手手段に漁師が入ってきたり、ギャザラー3職に必要素材が分散していたりして、取りに行くこと自体がなんとなく煩わしい。ついつい錬金・調理はいつも後回しにしてしまいます。

しかし今回、錬金は78に到達。昨日まで錬金73だった錬金がいまはもう78。それも限りなく79に近い78です。なぜ急に5つもレベルが上ったのか、しかもかかった時間は30分です。たまたまグラカン納品のアイテムを持ってたという幸運もありましたが、実際はギルドリーヴで上がりました。

煩わしいと言ってたはずの錬金で大幅レベルアップ。それが可能だったのは…指定品が安かったから…。はい、作りませんでした。

ギルドリーヴで納品を指定される極錬精薬や、名匠の水薬巨匠の水薬などは、マケボで買ってもみんなお安い。3回分をセットで買っても3万ギル程度。あと10万ギルほどあれば上がりきってしまいそうです。おそらく今日中に80まで上がるでしょう。

錬金が80にあがったら、レベル上げは一息ついて、クラフターの装備を整えようと思っています。いま、収支で言えば薬と食事が大きな支出となっているため、2つのうち1つでも出費を抑えることができれば、家計がずいぶん楽になるはずですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です