泣いても笑ってもパッチ5.05まであと1日。メインジョブの詩人とサブジョブの白はレベル80に上がっていますが、武器・装備両方揃っているのは詩人のみなので零式には詩人で参加することになりそうです。今回の遠隔枠は「単体DPSなら機工士、シナジーなら踊り子」と言われていて、詩人は影が薄い感じなので果たして席があるかどうか…。

ところで、明日のリセットで新式装備が開放されます。零式の攻略に必要になるこの新式装備、残念ながらクラフターのレベルが上がっておらず、自作は不可能。直接買うにしろ、素材を用意して作ってもらうにしろ、何らかの形でマケボのお世話になりそうです。

もうひとつの懸念は禁断問題。クラフターのレベルが上っていなければ自分でマテリアをつけられず、NPCに確定穴埋めてもらうのが精一杯。禁断するなら誰かにお願いするしかありません。とはいえ、このままではずっと人頼みで融通がきかなくなってしまうので、将来を見越して徐々に上げこうと思っています。

詩人の装備たいてい左側装備は裁縫と革、右側アクセに関しては彫金・革・木工あたりでしょうか。甲冑と鍛冶が詩人の装備に絡むことは少ないので、とりあえず裁縫を74に、木工、彫金、革、錬金を71に。調理を72まで上げました。

また、4.シリーズから「素材を手元に置かない派」になったので、最初は素材をマケボで購入したりしていましたが、現在素材の価格は高騰気味で、新式購入のための資金のほうが足りるか心配になり、今回から素材はは自己調達併用にしました。そのせいか、どちらかといえばクラフターよりギャザラーのほうから先行して上がっていっている感じ。採掘が72、園芸が73に上がりました。

「あまりお金をかけずにレベルを上げていく」がコンセプトなので、グラカン納品とリーブ、そして採集からの素材制作の経験値のみ。調理のニンジンジュースことパープルカロットジュースのリーブマラソンも試しましたが、意外とギルを使うことがわかって2周で中断しました。フラントーヨオイルで72までかけぬけました。

いま、リアルでいろいろあって、ひょっとすると今週インできない日があり、零式参加が来週からになるかもしれないので、ギャザクラ上げもジワジワと気長にやっていこうと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です