2月2日土曜、3日日曜とフランス/パリで「FINAL FANTASY XIV FAN FESTIVAL 2019 in Paris」が開催されました。2日土曜日の基調講演はTwitchでリアルタイムで見てました。ここではパッチ5.0情報のいくつかが発表されるといろんなメディアでささやかれていました。ただ、3月に東京でのファンフェスが控えているため、ネタ切れにならないよう、東京のファンフェスで発表されるだろうなぁ、と個人的に思っていたことのいくつかがここで発表されたのには、ちょっと驚きました。ちなみにパッチ5.0「ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ」は、2019年7月2日発売、アーリーアクセスは6月28日からとの発表です。

新ジョブ「ガンブレイカー」と、追加されるプレイヤーキャラクター用の新種族「ヴィエラ」です。そして新アライアンスレイド「YoRHa: Dark Apocalypse」です。

新ジョブの「ガンブレイカー」のロールはタンク。剣の弾倉に魔弾を装着して使用することでいろいろな効果を得るジョブとのこと。公開されたジョブムービーには何かしらの防御バフのようなものを張る姿を確認できました。人気が出そうですね。蒼天の新ジョブはタンクとヒラ、紅蓮の新ジョブはすべてDPSだったので、タンクが来ることは予想していました。

新種族の「ヴィエラ」は、リターン・トゥ・イヴァリースにFFXIIのフランが登場することや、昨年のラスベガスでのファンフェスで吉PがバックスバニーのTシャツをきていたため、ある程度予想されていました。ただ、発表自体は東京かなぁと思っていただけにちょっと驚きましたね。初期種族装備がフランの装備らしいです。FFXII好きなんですよね、最初からヴィエラがいたら選んでたかもしれないですが、ズッカはミコッテが馴染んでしまったので変えるかどうか悩みますね。今のところ女性しか見れないですが、男性ヴィエラは果たして登場するのかな?

そして24人で挑むアライアンスレイド「YoRHa: Dark Apocalypse」はニーアシリーズの流れをくむお話。ニーア・オートマタが発売されたあと、2Bのコスプレミラプリをする人が激増しました。荒廃した世界、ゴシックなファッション、刹那的なストーリーやユニークな個性的なキャラクターなど、FFプレイヤーにも人気の高いシリーズです。実はニーア・オートマタ、まだ途中なんですよね…7月までに終わらせなくちゃ。

2日目には、第49回プロデューサーレターライブも開催。パッチ4.55特集。PvPライバルウイングの新コンテンツ「ヒドゥンゴージ」、禁断の地エウレカ:ヒュダトス編の特集。ヒュダトス編はパブリックダンジョン「バルデシオン・アーセナル」という超高難易度のコンテンツがあり、突入するだけでも難易度が難易度高め、そして、中にはFFXIの“あいつ”がいるらしいです。

そして、ファイナルファンタジーXVとのコラボレーションが4月中旬に実装予定。XVの世界のガルーダさんがXIVに来るみたいです。そして、初の4人乗りマウントレガリアはリワード報酬にて入手可能との事。どれぐらいで取れるのかな? フフフ…。4人乗りいいなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.