このパッチ4.5xで行われるワールド間テレポ。それに向けての準備として今回からUIにワールド名が表示されるようになりました。

画面右上に表示される「Alexandar」の文字

ただ、これだけ。なのにずいぶん変わった気がします。

今までは、ことさらワールド(サーバー)のことは気にせずプレイしてきました。ゲームスタート時、他のDCのワールドに遊びに行ったあと、メインのキャラに戻るときと、イン直後の紫色のシステムメッセージでしか認識することはありませんでしたが、今回からはしっかりと「Alexander」と常時表示されます。

ワールド間テレポが実装されると、サーバー上限を超えないかぎり、いつでもDC内の各ワールドに移動でき、そのまま居続けることも、ホームワールドに帰ることもできる、ということらしいので、「今いるここ、どこ?」となりかねません。ただ、ホームワールドでしかできないことや機能があるため、「あれ、リテイナーベルが押せない!?」とか「FCハウスがない!」と驚いたり、ハウスのないところに飛んで、無駄なテレポ代を消費してしまうこともあり得ます。そのため、今いるワールドはAlexanderですよと表示することで、最初から現在いるワールドを認識できるようにしておこうということです。

この表示、不必要ならコンフィグで非表示にもできるようですので、気になるならオフにもできます。ただこの表示によって、いろいろワールド間テレポが来るんだなー、という実感が湧いてきます。なんかちょっとワクワクしますね。

昨日はパッチ及びリセット日でしたが、実は帰宅時間が遅くなったため、リターン・トゥ・イヴァリースの解放クエストと、青龍の開放クエストまで消化しました。

リターン・トゥ・イヴァリース、まだオーボンヌには行けていませんが、すでに胸熱な展開が…懐かしのあのキャラクターたちがFFXIVの世界にいる…しかも意外なほど違和感がない、そしてクエストが進むほどストーリーに引き込まれていく。さすがはFFT原作とFFXII原案をお作りになった松野さんという感じですね。バトルコンテンツの方も、初見の方がまだいるうちに行ってみたいです。

馬鳥速報のお年玉企画で頂いたクジラの方も無事受け取りました。二人乗りマウントははじめてなのでうれしいです! まだ1人でしか乗ってないけど…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.