いま、唯一欲しい装備と言ってもいいもの。次元の狭間オメガ:シグマ編で手に入るダイヤ・レンジャーコート。これをゲットするためには4層をクリアし、宝箱からのドロップをロットがつしてゲットするか、シグマデータログ4.08個で交換するかいずれかです。

ドロップには運が絡んだり、周回が必要など、条件は違うもののどちらの方法も零式4層クリアしないとはじまりません。最近それができていません。
先週ダイヤボウをゲットしてから、2回しか4層をクリアできませんでした。しかもその2個をとってから10連敗以上しています。どうしてこんな事になっているのか。

おそらくパッチ4.4が9月に近づき、シグマ編装備の優位性を保てる期間が短く、4.4のノーマルレイドの装備や新式装備のほうが高性能になることが予想できるため、苦労してでも取りに行きたいという強いモチベが保てないこと。エウレカ:パゴス編で得られる経験値が引き上げられ、美味しくなり、人がそっちに行ってしまって、挑む人数が少なくなっていること。そして今4層に来ている人たちがクリア経験数の少ない人が多いことでしょうか。早期攻略組はもう欲しい装備を手に入れていて、あえて行く理由がありませんからね。これは他人事ではなく、ズッカもまだ10回しかクリアしていません。

でも、どうしてそこまでして装備にこだわるのか。前述の通り1ヶ月待てば、9月後半になれば次元の狭間オメガ:アルファ編がはじまります。ノーマルでゲットできる装備のほうが性能が上になるはずで、それでいいじゃないか。何も必死に装備を取る必要なんてないのでは?

たしかにそうです。でも、今回はこだわりたいのです。

ズッカはここのところ零式を4層までクリアしたことがなく、行けて3層までという状況が続いていました。以前クリアした4層は、なんと大迷宮バハムート侵攻編です。このときは固定でした。その後の野良となり、バハ真成編は3層、アレキ起動編は2層、律動編は2層、天動編3層、オメガデルタ編3層とほとんど最後まで行けていませんでした。途中で心が折れて、ここまででいいか、仕方ないかと諦めたりもしていました。ですが正直ずっとモヤモヤはしていました。クリアしたかったなぁという思いは、心の底にずっと静かに潜んでいたのだと思います。

シグマ編はひさしぶりの4層クリア、しかも緩和前のクリアはかなり嬉しかった。固定ではなく、困難だらけの野良での挑戦で勝ち取った4層制覇。3層で削られた心を癒やし、4層にチャレンジするのが遅れたので、もう少し早くチャレンジしていれば、と考えると若干の後悔はありますが、クリアできたことが大きい。

そういう特別な思いのあるシグマ編の零式4層だけに、たとえ短命に終わると分かっていても、メインジョブの装備はとっておきたいのです。

9月に入ると1週間ほどインできない期間がありそうなので、あと2週間でなんとかデータログ6個をゲットしたいなぁ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.