昔撮ったSSを見ながらあの頃を振り返るあの日の一枚。今と髪型が違うズッカ。この2日前にアルテミスボウ・ノウスをゲットし、バハ侵攻編4層を戦っていたはずです。約2週間後にネールさんをクリアしました。

目の肥えた方はスクリーンショットを見てお気づきかと思いますが、解像度と画質が低目になっています。うちはFFXIVをBootCampを介してWindowsを起動したMac Proで遊んでいます。そしてディスプレイも例に漏れずApple製、その当時使っていたApple Cinema Display 20inchの解像度は1680✕1050pxで縦横比は16:10。当時のグラボはGTX680。どちらかといえば遊びやすさ重視で軽めの画質設定にしてましたが、町中の人の多い場所でfps落ちるのを気にして軽めに設定していたので、実は人数の少ないバトルコンテンツではもう少し高画質でも遊べたかもしれません。現在ディスプレイはお亡くなりになってしまったので別のものになりグラボとともに高解像度化を果たしました。

このときのミラプリは、当時あまり着ている人が多くなかったウォーウルフ・レンジャージャーキンミコッテロインクロスアポロンブーツの組み合わせ。頭はアーティザン・アンダーリムグラス。頭装備はこの頃から一貫してこれ。手はバードリングバンドにしています。種族脚はとてもいいんですが、見せること前提のスカートの長さになっているのが気になって、このあとあまり使わなくなりました。

ちょうど紅蓮祭が開催されている時期で、クエ報酬は浴衣とボム踊りでした。時期的に浴衣来ている人も多かったですね。

当時はパッチ2.3。この二日後にパッチ2.35を控えてました。フロントラインやモブハントは2.3でスタートしました。フロントラインに行くとミラージュプリズムが無効になっていた頃です。蛮神だとラムウの時代ですね。

チョコボ育成や、アイテムの分解もパッチ2.3。この頃はパッチのたびにダイナミックに世界のルールが変わっていきました。

“あの”タムタラハードも2.3、ハルブレーカー・アイルの崖から飛び降りるとダメージで死にそうになっていました。今はダメージを喰らわないようになりましたね。

メインストーリーで言えば、アルフィノが最もイキっていた時代です。トレーラー見ると腕突き上げちゃってますねw ビルティブランドも大活躍でした。

ちなみにDirectX11版はまだありませんでした。蒼天のイシュガルドに向かって大きくストーリーもプレイ環境も変わっていく最中の過渡期で、ワクワクが止まりませんでしたね。
そんな2014年の8月17日の一枚でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.