拡張パック「漆黒のヴィランズ」のアーリーアクセスから1年経ちました。個人的にはもっと時間が経っている気がしましたが、まだ一年かぁという人も、もう1年かぁという人もいるでしょうね。

いわゆる原初世界から第一世界へ。原初世界と同じような、違うような、それでいて世界感は全く異なる第一世界。光に満たされ停滞し、滅びを静かに待つ世界。原初世界で英雄とされた「光の戦士」は、この世界では大罪人。

この後新生時代を思わせるイベント、しかしその結末は…

このあと怒涛の展開が待っているのを知る由もなく、レイクランドに降り立ったのはちょうど一年前。懐かしいですね。すでにミラプリが懐かしい。

なんで撮ったのか、よくわからないけどクリスタリウムのエーテライト

その日撮ったスクリーンショットはなんと81枚。結構撮りました。これでもこの頃はストレージの空き容量問題があって、少し抑え気味に撮っていたはずです。

この日は普通に仕事だったので、22時ぐらいからプレイ開始しました。6月って忙しいことが多いんですよね。アーリーアクセスなのに、レイトログインになってしまいました。日付を超えて1時30分頃までぶっ続けでプレイしていたようです。

一年後の今。本来ならパッチ5.3が当たる頃でしたが、コロナの影響でスケジュールは後ろ倒し。漆黒ストーリーの本当の結末はまだ見えていません。

そして、それを見たら、いよいよ次の拡張に向けた新しいメインストーリーの幕開けになるんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.