おっといけない、今日は火曜、リセット日でしたね…。月曜が祝日だとついつい忘れているもの。月曜の燃えるゴミ出しはかろうじてクリアしたんですが、どうやら幻想の方は絶望的です。

話を戻して、本日の本題です。それは、昨日一緒に遊んでいるおみさんに言われたこと。

「リペリングショットって、なんのためにあるんですか?」

詩人の経験値稼ぎで討滅ルレに詩人で出撃したときにわいた疑問のようです。リペリングショットには威力がなく、ダメージを与えられないことから疑問に感じたそうです。

公式のリペリングショットの説明は下記の通り。

リペリングショット 
アビリティ
対象に向かって射撃を行い、自身の10m後方に飛び退く。
バインド中は実行不可。
射程:5m
効果範囲:0m
リキャスト:30秒

前述の通り、説明にもリペリングショットに威力の設定がないことがわかります。 ダメージソースとしては機能しません。いくらリキャストごとに撃ってもDPS的に意味はありません。実は3.x時代までは威力があったんですけどね。4.0紅蓮のタイミングからなくなり、純粋な移動のためのスキルとなりました。威力がないにもかかわらず、“ショット”という名称が威力があるものを想像させるのでしょうね。

ちなみに「自身の10m後方に…」と説明は書かれていますが、ターゲットに対して右を向いて使用すれば左方向にに移動できるわけではありません。現在の仕様では「対象に向かって射撃を行」った瞬間にターゲットに向かって自身が正面を向くため、必ずターゲットから離れる方向に10m移動します。ターゲットが複数いる場合はタゲを切り替えたり、自身が少し移動したりすることで飛ぶ角度を調整して使用します。

前述の通り威力がなく、ダメージが発生しないので、使うことが必須のスキルではありません。ホットバーに登録しなくてもまったく問題ありません。足で移動すればいいからです。FFXIVのコンテンツは通常移動でクリアできるようになっています。

安心してください、ほんとに使わなくていいものです。

ただ、せっかくあるスキルだし、使ってみたいなぁという方は、ぜひ使ってみてください。若干硬直はあるものの、足で10m移動するより早いので、急いで移動する必要がある場合はわりと使えますし、ギミック処理がラクになる場合もあります。

使い方1 安全地帯に逃げるとき

ターゲットを中心とした範囲攻撃などは、ぴょんと10m飛び退いて華麗に回避します。これはわりとメジャーな使い方です。ターゲットの近くにいれば、自分の足元の小さな円範囲攻撃も避けることができます。また、ステージ半分が攻撃範囲になるような攻撃を見た場合、ターゲットと安全地帯の間に立ち、安地に背を向けて使用すれば、移動距離を10m分稼ぐことができます。

使い方2 引き寄せ技対策に

引き寄せ技にも有効です。たとえば極朱雀が履行後に使用してくる通称「誘引」。ドーナツ状ステージ中央の穴に引き寄せられて落とされ、戦闘不能にされるこの技は、ステージ外周寄りに移動するか、ノックバックを無効化して対応する必要があります。移動する場合、赤魔導士のデプラスマンだと飛びすぎて落下死してしまいますが、リペリングは移動距離の関係で落ちずに済み、なおかつ「誘引の」引き寄せ距離とおそらく同じ移動量なので、ぴょんと後ろに飛んだら、その後は何事もなかったように攻撃を続けられます。

使い方3 ダメージ床を捨てにいくとき

最近の使い方だと、希望の園 エデン零式1、冒頭にあるギミック「ヴァイス・アンド・ヴァーチュー(DPS)」のダメージ床捨てなどのとき。ステージ北東に床範囲を捨てたいとき、ターゲットの北東側に回り込んでから使用すれば、その方向に10m瞬時に移動でき、その後さらに移動すれば意外と遠くまで捨てに行くことができます。

使い方4 マーカーギミック処理のために移動するとき

いま自分がリペリングをよく使うシチュエーションは、零式4前半、ジオクラッシュ→クルマ型のとき。フォールトラインの突進を避けた後、マグネチュード5.0の足元安地集合から、黄色マーカー捨て散開というギミックがあります。「集まって、すぐ散開」するやつです。詩人のマーカーの捨て場所はフィールドのカドのマスの場合がほとんど。近い場合はそのまま移動しますが、少し遠ければその方向にリペリングで飛びます。フィールドひとコマぶん移動するので、うまく飛べればそれで処理終了、多少ずれても少し位置調整するだけで済むので、ラクに処理することができます。

使い方5 特殊な使い方の例

変化球の使い方だと、次元の狭間オメガ:シグマ編零式1、横から幽霊が吹き飛ばしてくるとき、ギミック処理が間に合わない場所にいたときに、リペリングを使って避けるなんて多少バグっぽい使い方もありましたが、今はアームスレングスがあるのでそんなことをする必要はなくなりました。

注意点としては、リペリングショットの射程は5mと短く、ターゲットの近くにいないと使えません。「遠くにいて、より遠く行く」という使い方はできません。あくまでターゲット足元から離れる目的で使うものです。

10mと言う移動距離もなかなかいいもので、近すぎず遠すぎず、絶妙な距離。使う必要はありませんが、使えるとなかなか有効なスキルで、成功したときの気分も少しだけ上がります。

ぜひ、余裕があるときに使ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.