以前、DVDで鑑賞した「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」。全く予備知識無しに観たのはいいのですが、なんかおかしい。1時間半ほどだったとき、明らかに話の進行が遅いことに気づきました。それもそのはず、この映画は、結末が描かれずに、「次作を乞うご期待!」と宙吊り状態にされる、いわゆる“クリフハンガー”ムービーでした。

1980年代のフランス映画だったらこれで「fin」と出ても驚きはしませんでしたが、今は2010年代。しかもアメリカ映画でヒーロー物。わりと王道的なジャンルで「宙吊り」が来るとは思わず、ちょっとした不意打ちを食らいましたね。

今回の「アベンジャーズ/エンドゲーム」はその続き。「インフィニティ・ウォー」で起きてしまったことをどう回収するかが見どころ。今回は3Dで、なおかつ座席が動いたり風や熱、水しぶきなどが実際に体感できる4DXで鑑賞。初4DXです。

前作「インフィニティ・ウォー」で、アベンジャーズは敵であるサノスの思うがままにやられてしまいました。問題を解決することが出来ず、目的が一切達成できず、ヒーローたちは打ちひしがれています。そのどん底気分からスタート。普通には取り戻せない現実を取り戻すのにある方法を用います。きっかけは小さなアクシデントでしたが、最終的にはそれが唯一の希望と化していきます。

この映画を鑑賞する前に、少なくとも「インフィニティ・ウォー」は観ておく必要がありますが、細部にこだわらずにサラッと見ればわりと楽しめます。ただし、その場合は180分は長すぎるかも。よくわかんないやつがチョイと出てきては、なにか言って去っていく、その時間が長く感じるかも。キャラクターの背景を理解していれば楽しめますが、知らないとただのモブ。感情移入しづらいので単調に感じるかも。それをされるために、欲を言えばアベンジャーズシリーズは通して観ておいたほうがより楽しめるのは間違いありません。ただしアベンジャーズシリーズだけ観ててもキャラクターのすべてを知ることは出来ません。

実際前3作を見た上で観た人間の感想としては、180分オーバーの映画の長さはあまり気にならず、それほどキツくありませんでした。ただ、登場人物が多くて「この人誰だっけ」感が半端なく、序盤はソレが気になっていたのですが、途中からそれを考えるのはやめました。すべてを把握するにはマーベルシリーズの単体ヒーロー映画をすべて見ないと無理でしょう。映画館に入ってしまった以上、そこはもう諦めるしかない。登場人物が誰かがわからないと楽しめない映画ではないのが救いです。なんか、お祭り映画ですね。

内容と関係ない部分ですが、どうもズッカは3D映画が苦手です。奥行き感はあるのですが、もともとフォーカスされてないポイントは、最初からピントがボケているので、どんなに見ようとしてもピンぼけ。でも目は必死にピントを合わせようとしてしまうため疲れてしまうのです。また、立体視自体も手前に平面レイヤーが浮かんでいるような「飛び出す絵本」系の立体感なので、本当の立体感を感じられず「薄っぺらさ」が気になってしまうのです。

4DXシートの特殊効果に関しては、思ったより楽しめました。ジェットコースターみたいに派手に動くわけではありませんが、ちょっとした衝撃やGの感覚があり、背中への軽い衝撃や、間一髪で攻撃を避けたときや、宇宙船が飛び立っていくときのそれぞれタイプの違う風の演出、水しぶきや熱、光や雪といった仕掛けが、自分のシート自体または前席の背もたれ部分、そして劇場全体に仕込まれていて、映画の進行に合わせて演出・作動するので、180分強の長い映画のわりとダレずに観れたのかもしれません。長い映画だと、腰やおしりが痛くなるのですが、シート自体に動きがあるためか、いつもほど辛くはありませんでした。ちょっと疑問符がついたのはスクリーン付近に出るスモーク。スクリーンが見にくくなるし、コレはいらなかったなぁ。あと強い風が吹くとき、映画とは関係のない送風音がわりと強めに聞こえます。気になったのはそれぐらい。ちょっとしたアトラクション気分で映画が観れて楽しかったです。

ただ、いかんせん価格が…普通に当日入ると2,800円。席を予約することで多少お安くなりますが、普通にほぼ映画2本分の価格。リッチな体験ではありますが、この金額をもう一度払うかと言われるとなんとも言えませんね。少なくとも3Dじゃなくて普通の2D上映で4DXシートのほうがズッカは楽しめそうでした。

全体的には、4DXでみたアベンジャーズエンドゲームの感想は

■ 長いものの細かいことを考えなければ楽しめる娯楽作
■ シリーズ総決算のお祭りムービー
■ 前作で生き残ったメンバーが主人公、ほかは脇役
■ 前作インフィニフィ・ウォーだけは観ておくべき
■ 強いて言えばキャプテン・マーベルが唐突すぎる
■ 個人的に3D映画はいまいち好きになれない、目は疲れる
■ 4DXは楽しいけど2,800円は高い、腰や尻は意外と痛くならない

何度も見る映画ではないけど、もう一度見るなら、2Dで。自宅でBlu-rayでいいかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.