ずっと足踏み中の次元の狭間オメガ零式:アルファ編4。今週はややサボり気味でしたが、まだ諦めたわけではなく、ずっと通っています。

前半をクリアすべくパーティ募集に参加したり、募集したりしているのですが、いま、どのパーティに入っても同じような状態で、時間切れを迎えることすらできずに終わるか、削りが全く足りて無いか、いずれかです。これは、まさに魔境。永遠に続く地獄のよう…。

ギミック自体には慣れてきたので、火力は少しずつ上がってきてると思うんですが、足並みがそろいません。野良なので、当然といえば当然です。歯車が噛み合うタイミングがあれば、サクッと進めるのかもしれないですけどね。

問題の一つはマクロ。いま野良パーティで流れるマクロは、揃っているようで揃っていないのが実情。昨日の夜のパーティは、散開の位置はオーソドックスだったのに、ブレードオプションはボス右下5時方向集合。よくあるのは左下7時集合なのでみんな5時に行ってしまいました。よく見るとタンクの無敵技の使用順について書いてなかったりと、いつもと同じだと思っていても微妙に違います。最初にマクロをしっかりと見ておかないと、罠にはまります。それもあってか、とにかくギミック処理の事故が多いのが野良の悲しい定め。なんとかここを乗り切って後半に入りたいところ。

主なポイントは3つ。

1つ目は「連携C」でのサイコロギミック。ここは誘導が重要、そしてメンバーの位置調整能力次第。誘導位置やフィールドマーカーがチョイとずれているとか日常茶飯事なので、微妙に調整しなければいけません。

2つ目は「シールドオプション」。これは、おそらく火力を気にしすぎて散開が遅れる、散開位置に自信が待てずギリギリ遅れたり離れ過ぎたりする、散開後に駆け込む安地を気にしすぎて中心に近すぎ、ヒラさんを巻き込んだりといったケースでしょうか。まずは散開をきっちりとこなして死なないことが大事。ヒラさんがHPを戻してくれるのを信じて行動します。

そして、3つ目はいわゆるLBフェイズのサジタリアスアロー。思いのほか横方向に太い範囲を持っているサジタリアスアローは、外周ステの場合、側面方向に回り込むと場所によっては食らってしまうので位置取りは慎重に。さらに2回目は、目玉の移動位置によってはボスを移動させない場合がありますが、安地は逆になるのでしっかり目玉の位置を把握している必要があります。さらに、マクロによってはサジタリアスアローを目玉と反対方向(目玉基準で6時)に捨てる場合もあるので、しっかりとマクロを確認する必要があります。

この中ではとくに「シールドオプション」の事故率が半端ないです。そのせいでLBフェイズがグダクダになる場合もあります。ここがきっちり乗り切れればかなり状況は好転すると思うんですが…なかなかうまく行きませんね。(ほかにも、実は最初の散開という0番目もあったりしますが…)

安定してギミックをこなせるような状況になれば、あとは火力次第です。

てっとり早く火力アップするなら装備更新です。パッチ4.5になれば、スカエウァ特製強化繊維スカエウァ特製硬化薬の入手緩和措置が入ると思われますが、おそらくパッチ4.5は1月後半、創世のたまり具合も影響してくるため、新式と違いサクッとギルで解決もできず、時間がかかりそうです。何故か今回ラッキーなことにオメガ防具入手率が高く、すでに7箇所持っています。装備のアップデートによる劇的な火力アップは、強化繊維の入手次第。また、もともとオメガの部位をより高性能の創世防具と交換するためには、強化繊維が必要で、強化繊維を揃えるには運か時間が必要で、なおかつアップデートによる火力の伸び率は小さめ…。うーむ。

とりあえずはギミックミスしないことを第一に考えて、しばらく魔境通いが続きそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.