いよいよ明日は14時間生放送。

始まってすぐ、プロデューサーレターライブはパッチ4.4特集、公開直前だからトレーラーも発表されるはず。先日公開された特設ページには新たな2つのインスタンスダンジョン、「永久焦土 ザ・バーン」と「草木汚染 聖モシャーヌ植物園 (Hard)」が公開。モシャーヌの方には、なにやらカワイイやつがいましたな。しれっとドマ町人地復興完結編が入っていたのには驚きました。

この特設ページには、グレーアウトしていてまだ確認できない部分があり、「次元の狭間オメガ:アルファ編」、「朱雀征魂戦」、「禁断の地エウレカ関連」、「ハウジング関連アップデート」の項目がありました。未発表の内容があるようですね。PLL後には公開になっているでしょうね。

土曜日は、来週の準備をしながらPLL聞きつつ、合間にインしてなにかこなそうかな。

日曜日も似たような状態ですが、夜は一段落ついていると思うので、こってりコンテンツはそのへんで。

FFXIVも5周年ということで、過去を振り返ったりする機会ちょくちょくあります。PLLを第一回絡み直してみたり。こんな事がまだできなかったなぁとか、アレもコレみんな実装されていたりして、時間の流れを感じずにはいられませんね。

ところで過去といえば、FFXIVをやっていると、昔やっていたFFXIを思い出すときがあります。まだネットのアナログ接続が生き残っていた頃に、常時接続ブロードバンドネット必須のMMORPG。今のビジュアルと比較すれば解像度も低かったし、作りも荒かったし、なにより環境を整えて始めることが既にハードルだったあの時代のFFXI、はじめてのMMORPGはすべて新鮮で未知の世界でした。

その十数年後に登場したFFXIVですが、不思議とXIと同じ楽しさが味わえます。人と一緒に遊ぶゲームだし、プレイするのは自分だし、普遍的な部分は変わらないのですかね。そのたびにFFXIでもこんな事あったな…などと考えたりします。
そういえば、むかし買った、永田泰大『ファイナルファンタジーXI プレイ日記 ヴァナ・ディール滞在記』どこに片付けちゃったかなぁ。もう1回読みたいなぁ。

FFXIとはどんなゲームかを誰かに説明するならこの本を渡せばいい、というほどFFXIの魅力詰め込まれた樹玉の一冊です。残念なことにもう新品は買えないのですね。電子化してくれればいいなぁ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.